生物

学ぶのは、あなた自身と環境の秘密

地球上に住む生物種は、名前がつけられたものが約200万種。推定すると870万、もっと多くなると数千万はいるとする説も。共通して、人類が発見できていない種の方が圧倒的に多いだろうとされています。

 

では、「生物」とは、「生きている」とは、「周囲とのつながり」とは何なのか?

それを深く学ぶのが、高校生物です。

 

♪2年次では「生物基礎」を学習

「生きているとはどういう状態か」を理解するための基本的な概念を学びます。座学だけでなく、実験や観察を通じて色々な不思議を見て、考えてみましょう!

○ヒトであるわたしたち自身がもつ不思議である「遺伝」「恒常性」「免疫」のメカニズム

○住んでいる地域だけでなく、世界中に見られる「植物と動物の関わり合い」「環境問題」

 

♪3年次では、進路に応じて選択

理系進学に必要な知識を獲得、深化するための選択と、基礎分野の内容を重点的に深く理解するための選択が用意されています。

 

理系進学生徒向けには……

○2年次の知識をもとにした応用的な実験

○生物の生きる仕組み、奇妙な生物の不思議な行動、それらを探究した人々の歴史

○看護医療、栄養学、農学、環境学などに必須の知識

基礎分野を探求したい生徒向けには……

○基礎分野の内容をより深く理解するための観察実験

○最新の生物に関するトピックスの紹介など