学校長挨拶

文武自考 ~解のない課題に立ち向かう人を育てる~

さいたま市立浦和南高等学校長 田邉 広昭


今、日本も、世界も、新型コロナウイルス感染拡大防止という課題に立ち向かっています。国を挙げて様々な対策を講じていますが、感染拡大を防ぐことは、非常に困難です。このような感染症が世界中で流行するなど、数年前は予想できませんでした。

 当初は情報が乏しく、「未知の感染症」として、人類を恐怖に陥れました。しかし、2年以上が経過し、情報を積み重ね、研究することで、徐々に対応策が講じられ、それらが感染防止のための「新しい生活様式」となりました。

 本校では、『文武自考~「解」のない課題に立ち向かう人を育てる~』を目標に掲げ、日々の教育活動を展開しています。今後、先ほどのコロナウイルスのように、初めは誰も答えを知らないという課題に遭遇した時、まず自ら考え、「解」のない課題に立ち向かうことができる、粘り強さを身に付けることが大切です。

 また、本校の「南高生の誇り十箇条」の中に、「我らは勇気がある」との言葉があります。大きな課題に立ち向かうとき、何よりも必要なのは「勇気」です。浦和南高等学校では、この変化の激しい時代においても、探究心旺盛な「文武自考」の精神に満ち、勇気をもって社会に貢献できる人間の育成を目指しています。

 本校は、進学重視型単位制高等学校として、平成29(2017)年度からは55分授業導入により週34単位の授業時間を確保し、学力向上と進路希望の実現にも力を入れています。学校行事では、体育祭、文化祭、2年次にはオーストラリアへの「海外研修旅行」(修学旅行)など感動的な体験ができます。部活動では、全国制覇6回を誇るサッカー部をはじめ、卓球部、陸上競技部、書道部、バトン部など運動部・文化部あわせて32の部活動が活発に活動しています。

 本校には、豊かな経験と高い指導力のある教員集団、多彩な能力をもった個性豊かな生徒がたくさんいます。そして学習活動、学校行事、部活動など、「文武自考」の場が整っています。

 浦和南高等学校は、生徒の皆さん一人一人を、解のない課題に立ち向かう、勇気ある「文武自考」人に育成します。そして、皆さんの志を大切にして、可能性を最大限まで伸ばすことを目指します。